Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

生きてるのでお知らせします。


お久しぶりでございます。

ちゃんと生きてる。




貴之です!うぁーーー!
放置、まことに申し訳ありませんでした。

これからは放置の前に記事をしっかり設けます。
ってそういうお話では無いですね。


受験でブログまで手が回らず、
というのがワタクシの言い訳でございます、はい。

すみません。


とりあえずですね、今回の記事は、
お知らせのようなものです。

まだ閉鎖は致しませんが、
お気づきの方はいらっしゃるとおり、
更新ペースは大幅にダウンしています。

まだ状況が状況ゆえ、
おちつくまでは滅多に更新が出来ないというのが現状です。

落ち着くっていつになったら?
そうですね、わかりません。

管理人の残念な頭では第一希望云々の前に
進学すら危ういのでは。

それもまた現状。


なるべく暇を見つけては更新をさせていただく所存では
ありますが、また広告を出すなどしてしまう恐れもあります。

もし宜しければ、気長にお付き合いください。



以上が、
この場を借りてのお知らせとなります。


閲覧有難うございました。
スポンサーサイト
category
日記

麺類うまい。


貴之です。

突然ですが、麺類が好きです。
ラーメンでも、パスタでも、なんでも。

今日の夕飯は、
・うどん ・そば ・そうめん
のうちのどれかにしよう、ということになりまして。

丁度気分がうどんだったので、全力でうどんのアピールを行っていました。
しかし、妹はそうめん押し。


もれなく対立。


ごちゃこちゃ言い合って・・・

貴「うどんったらうどんだね!うどんしかネーヨ!」

妹「素麺に夏を感じなさい!ほら!涼やか素麺!決定!」

貴「・・・いいわ、じゃんけんにしましょう?」

妹「・・・うん」

貴「(あっ、でも一発勝負で負けるの嫌だわ)3回しょうぶにしましょう」

妹「・・・ふん。」

「「じゃーんけーん・・・」」


「「ポォンッ」」


貴→パー 妹→グー


貴「フヤッフゥゥゥゥゥゥゥ」

妹「我が右手が・・!?何故・・!」

母「どうでもいいから早くして」


二回戦目
貴→グー 妹→パー

貴「くっ・・・!」

妹「っしゃああああ!」


三回戦目
貴→チョキ 妹→パー

四回戦目
貴→パー 妹→グー


勝者→うどん(貴之)

勝者は私ですね。うどんは戦って無いです。

とりあえず、今晩の夕食はうどんとなりました。
おいしかったー。作るのも楽でいいよね、麺類。

身内(年下)とのじゃんけんって、相手の考えがわかりやすい。
だから親には勝てない・・・。

私が単純なだけなのかもしれませんね!



余談ですが。

冷たい蕎麦、温かいうどん 派です。
素麺は・・・食べない。

みなさんはいかがでしょうか?
category
日記

間に合わなかった


みなさん、こんにちは。
ついに、

ついに。

広告を・・・出してしまった・・・。




一時期は毎日更新していたこともありました。
始めたばかりで、楽しくてしょうがなかったんですな。

いやあ、いい思い出。



おや、ブログがいつのまにやら一年を越していた・・・?
正直いつからとか覚えて無い(笑)

と、時が経つのってこんなにも早かったかしら・・・


訪問してくださるみなさま、ありがとうございます。
いつもいつも、更新していないのが申し訳なかった・・。


そして!
受験生、貴之!


これからもまだまだ綴っていきます!

やることはまだまだあるけれど、
ここで過ごす時間も楽しくて仕方ないんだ!

前に比べたら更新頻度は比べ物にならない・・だろう。
けど
続けますよ!

だらだら書いていくよ!
お暇なときにでも、お付き合いいただけたら嬉しいですね。

なんだか、また堅苦しい感じになりました。

頑張ります。

と、いうことで。



またあとで更新しにこよう。
category
日記

お水を抱えた非行少女(仮)。


みなさまこんにちは。
黒バスにハマってごろんごろん悶えていたら
定期テストが追いかけてきてろくに更新をしていなかった
貴之子です。


まんまと黒子っちの可愛さに溺れ
気づけば最終更新からはや17日。

どこにこんな管理人受験生が居るってんっだ。
此処ですね、はい。スミマセン。



とりあえずテストを終えたので、
久々の更新・・・といっても、まだすぐ先に評価テストと修学旅行が待っています。
(;∀;)<急がしすぎて死んでまう。



折角の更新ですので、ますは近況報告から。

髪染めました。

非行少女とかそんなんじゃないですよ!
ただあまりにも白髪が多いため、染めているだけです。
これは遺伝で、ちょっと人より白髪が多い私。

染めている事は、学校側も承知の上です。
まあ少し茶色いんです、染色が。
一度、黒色なるものを使用したら、
マジックインキで塗ったかのようになったので、
以降明るい色にしました。

でも正直な話、私自身は染める気があまりなかったんです。
ただ。

父が、遺伝の責任を感じて、夢を見るようになりました。
私が、白髪の事で色々言われるようなる夢だそうで。

本人は気にして無いのに父が気にしてどうするんだ。

まあ、もう染めてから二ヶ月ほど経っていて、
見事なグラデーションの髪の毛まで出てきてしまったんですが(笑)

と、いうことで今日また染めたわけなんですが、
また数ヶ月で染めないといけないと思うと、
めんどくせぇ。

まあ若白髪の宿命ですね。




そして、
今週中に修学旅行へ行ってきます。

行き先は、京都奈良。
正直、神社とか寺とか歴史的建造物が好物の私には、

興奮して寝られないくらい嬉しいです。

写真を大量に取ってくる予定ですので、
帰宅後にはもちろん此処でお披露目したいと思います。



久しぶりの更新なのに
所々堅苦しくてごめんねーー






涼月 様

お披露目は勘弁ですww
副委員長は男です。委員長は女なんですけど、
この2人は性別を入れ替えたほうが正しいんじゃないか、と思うときがあります・・。


かげろう 様

まかろんアリガトウゴザイマァァァァァス
身長さえ。
身長さえあればどんな人にでも勝てるはず!!
category
日記

表紙の絵




今日の日記



授業を終え、学活(帰りの会的な)終了間近のこと。

副→副学級委員  貴→おいら  



副「あー、あの。えーと、修学旅行のしおりの表紙なんですけど、今回も応募制で、まあ、描きたい人は用紙渡すんで、学活終了後に来て下さい。以上。」

貴(まーた応募かい・・・。今回はどんな絵になんのかなー。どうせ○○とか○○○さんだろうな、常連客だし。いずれも美術部とかwwwたまには運動部の人描かないかな。吹奏楽部は・・・上手い人もいるけど来ないよな)

一人で色々考えてました。毎回応募なんで、もう珍しくも何ともないですが、
たまには運動部の人にも書いて欲しいな、と淡い期待をしつつ、私はまあやらなくていいだろうと考えていました。そして、学活終了後。

貴(さて、帰りますか。表紙がもしクラスで最低一枚提出とかだったら面倒だなあ・・押し付け合いだろうし。まあ、私にそれが回ってくる事無いよなww上手い人ならたくさんいるさあw今日は帰ってぽけもん起動するんだからwww楽しみw)

ここで気がつくべきだった。
フラグだと。

副「たあああああかゆううううううううきサン♪」

貴「・・・・!」ガタガタブルブル

まあ嫌な予感はしたものの、とりあえず背を向けたままシカトは失礼なので振り返りました。

副「・・お願いが(はあと)」

170越えの陸上部で筋肉質の男が目の前に立ちはだかったら20cmも小さい私は死を覚悟せねばなるまい。
今日ほどあの笑顔が恐ろしく感じた日は無かった。

副「コレコレ♪」(用紙を目の前で振る)

貴「・・・はっはっは。」(ひきつった笑顔だったさ。鏡見なくてもわかる)

副「いやあ・・・クラスで最低一枚・・でさあ」

貴(これはマズい私の土日が潰れるフラグだ)

貴「いやっ!あの、なんていうかさ、今回は・・」

副「文句があるならはっきり言えやああああああ!」

貴(声高いからそんな怖くないけどタッパがありすぎて身長差の威圧感で死にそうだわ)

貴「ほら!上手い人!いるじゃん!ね!そっちに頼もう!な!!」

副「いやあ、確か美術部でしょ?」

貴「・・・あまり行ってないさ」

副「うるさい、美術部なんだから描け」

貴(何それ理不尽)

でも、これで用紙貰って帰ればいいか。あ・・・忘れてた・・・的なノリでいいかな(←最低)
って気づいたので、もらうだけもらうことにしました。

貴「・・・わかった、貰うだk「月曜に必ず提出な」・・・あー、うん・・」

必ずの部分だけゆっくり言われた。逃げられないと悟りました。

女、貴之、ここはもう仕方がありません。
腹をくくって一枚仕上げようじゃないの。早く帰らせて

貴「・・はいよ、修学旅行、表紙ね。わかった。」

副「さんきゅーさんきゅー、じゃっ!」

貴「(やっと帰れるううううう)うーす。」

やっと話がついた。やっと帰れる。レントラーに会える。
そう、ワクワクしながら教室を出ようとしたら。

副「あっ、やっぱ待って。」

貴「・・・えっ?」

副「はい、これ。」

貴「えっ?えっ?」

笑顔で用紙もう一枚渡された

貴「えっ?どういうことでしょうかね」

副「表紙用一枚、挿絵用一枚。」

貴「」

副「んじゃっよろしくー。」

貴「」


颯爽と教室から出て行く副学級委員



貴「・・・は・・、」(え?もう一枚?)



とりあえず
今週の土日は無いものとした。



あれだ、私にもやらねばならないときがあったみたいだ。
引き受けたからには、もう全力で二枚仕上げるつもりです。

もう眠たいです・・・。

頑張るので誰かマカロンの支給をお願いします。
category
日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。